コンテンツ

遺産はどうやってわけたらいいの?遺産分割の方法

1.はじめに

ある人が死亡すると、その財産は相続人に相続されます。もっとも、相続人が複数いる場合、どの財産を誰が相続するのか決める必要があります。そこで、相続人の間で誰がどの財産を相続するのか話し合いをし、確定させます。これを遺産分割といいます。

2.遺産分割が不要な場合(遺言書がある場合)

相続の際に遺言書があると、その遺言書に従って相続が行われます。そのため、どの財産を誰が相続するのか遺言書によって指定されている場合、遺産分割は必要ありません。例えば、死亡したAさんの財産は不動産(3000万円)と現金(2000万円)であり、Aさんは「妻Bさんに不動産を、子どもCさんに現金を相続させる」という遺言書を残していたとします。この場合、Bさんは不動産を、Cさんは現金を相続することになります。そのため、遺産分割は必要ありません。

もっとも、相続人全員の同意があれば遺産分割を行って遺言書と異なる相続をすることができます。上記の例で言えば、BさんとCさんが話し合い納得すれば、Bさんが現金をCさんが不動産を相続することや、それぞれ不動産と現金を1/2ずつ相続することができます。

3.遺産分割が必要な場合(遺言書がない場合)

相続の際に遺言書がない場合、法律に従って相続が行われます(法定相続)。法定相続の場合、相続人と相続分は法律で決まっていますが、どの財産を誰が相続するのかは決まっていません。そのため、遺産分割が必要となります。例えば、死亡したAさんの財産は不動産(3000万円)と現金(2000万円)であり、Aさんには妻Bさんと子どもCさんがいたとします。この場合、妻Bさんと子どもCさんは相続人となり、それぞれ1/2ずつ法定相続分を有します。もっとも、BさんとCさんの間で不動産と現金をどのように分けるのか決まっていません。そこで、遺産分割が必要となります。

また、遺言書があっても、どの財産を誰が相続するのか指定されていない場合(包括遺贈)、遺産分割が必要となります。例えば、死亡したAさんが「妻Bさんに1/3、子どもCさんに2/3を相続させる」という遺言書を残している場合、どの財産を誰が相続するのか指定されていません。そのため、遺産分割が必要となります。

4.遺産分割の方法

遺産分割とは、相続人の誰がどの財産を相続するのかを確定させるものです。遺産分割の方法には、主に【1】現物分割、【2】換価分割、【3】代償分割、【4】共有分割があります。それぞれメリットとデメリットがありますので、相続人の間でよく話し合い、全員が納得できる方法を採用する必要があります。

【1】現物分割

現物分割とは、遺産の現状を維持したまま相続人に相続させる方法です。前述の例でいえば、Bさんに不動産を単独で相続させる方法が現物分割にあたります。

現物分割のメリットは、遺産を単独所有とするため、権利・義務関係を明確にできることです。現物分割のデメリットは、遺産の現状を維持するため細かい調整をすることが難しく、相続人間に不平等が生じやすいことです。

【2】換価分割

換価分割とは、遺産を売却し、売却代金を相続人で分割する方法です。前述の例でいえば、不動産(3000万円)を売却し、BさんとCさんで1500万円ずつ分ける方法が換価分割にあたります。

換価分割のメリットは、遺産を現金にすることで平等な分配ができることです。換価分割のデメリットは、売却のための時間や費用がかかってしまうことです。

【3】代償分割

代償分割とは、相続人の1人(複数人)に遺産を取得させ、取得した者が他の相続人に代償金を支払う方法です。前述の例でいえば、Bさんが不動産を取得し、BさんがCさんに1500万円を支払う方法が代償分割にあたります。

代償分割のメリットは、相続人の一部が遺産を取得できることです。代償分割のデメリットは、代償金の価額を合意することが難しく、また多額の代償金を用意しなければならないことです。

【4】共有分割

共有分割とは、遺産を相続人の共有とすることです。前述の例でいえば、BさんとCさんが不動産を1/2ずつ取得することです。

共有分割のメリットは、共有とすることで平等な分配ができることです。共有分割のデメリットは、単独所有の場合に比べて権利・義務関係が複雑となり、遺産の処分などが難しくなることです。

5.遺産分割協議書とは

遺産分割協議書とは、相続人の間で話し合い合意した遺産分割の内容を記録として残しておく書類のことをいいます。遺産分割協議書は必ず作成しなければいけないものではありませんが、不動産の相続登記や銀行預金の相続の際に添付書類として提出する必要があります。そのため、遺産分割をした場合には、通常遺産分割協議書を作成します。

6.まとめ

遺産分割とは、相続人の間でどの財産を誰が相続するのか決めることをいいます。遺産分割の方法には、【1】現物分割、【2】換価分割、【3】代償分割、【4】共有分割があります。それぞれメリット・デメリットがありますので、相続人の間で話し合い、全員が納得する方法を模索する必要があります。