コンテンツ

相続の基礎知識~相続人になれる人と相続分、相続財産の種類について

1 相続とは

相続とは、死亡した人の財産や法律上の権利・義務を近親者が承継することをいいます。例えば、死亡したAさんの現金や不動産を妻Bさんと子どもCさんが受け継ぐことを相続といいます。

相続には、遺言書がある場合と遺言書がない場合があります。遺言書がある場合には、基本的に遺言書の内容通りに相続が行われます。遺言書がない場合には、法律に従って相続が行われます(法定相続)。以下、遺言書のない場合の相続(法定相続)について解説します。

2 相続人になれる人

相続人になれる人は法律上次のように決まっています。

・死亡した人の配偶者

死亡した人の配偶者は、必ず相続人となります。例えば、死亡したAさんに妻Bさんがいた場合、Bさんは相続人となります。もっとも、内縁の場合(婚姻届が提出されていない場合)、内縁の妻(夫)は相続人になれません。

・死亡した人の子ども

死亡した人の子どもは、必ず相続人となります。例えば、死亡したAさんに子どもCさんがいた場合、Cさんは相続人となります。また、死亡した人の子どもは、胎児であっても無事に生まれてくれば相続人となります。例えば、死亡したAさんが死亡した当時、妻Bさんのお腹に胎児Cさんがいた場合、Cさんが無事に生まれてくればCさんは相続人となります。

なお、死亡した人の子どもの子どもは、死亡した人の子どもが死亡している場合には相続人となります(代襲相続)。例えば、死亡したAさんの子どもBさんが既に死亡している場合、Bさんの子どもCさんはAさんの相続人となります。

・死亡した人の父母

死亡した人の父母は、死亡した人に子どもがいない場合にのみ相続人となります。例えば、死亡したAさんに子どもがいない場合、Aさんの父Dさんは相続人となります。

・死亡した人の兄弟姉妹

死亡した人の兄弟姉妹は、死亡した人に子どもと父母がいない場合にのみ相続人となります。例えば、死亡したAさんに子どもと父母がいない場合、Aさんの兄Eさんは相続人となります。

なお、死亡した人の兄弟姉妹の子どもは、死亡した人の兄弟姉妹が死亡している場合には相続人となります(代襲相続)。例えば、死亡したAさんの兄弟姉妹Eさんが既に死亡している場合、Eさんの子どもFさんはAさんの相続人となります。

3 相続分

相続分は法律上次のように決まっています。

・相続人が配偶者と子ども

相続人が配偶者と子どもの場合、配偶者と子どもは1/2ずつ財産を相続します。例えば、死亡したAさんの相続人が妻Bさんと子どもCさんの場合、BさんとCさんはAさんの財産をそれぞれ1/2ずつ相続します。

なお、子どもが2人いる場合、配偶者は1/2の財産を、子どもはそれぞれ1/4ずつ財産を相続します。例えば、死亡したAさんの相続人が妻Bさんと子どもCさんGさんの場合、Bさんは1/2の財産を相続し、CさんとGさんは1/4ずつ財産を相続します。

・相続人が配偶者と父母

相続人が配偶者と父母の場合、配偶者は2/3の財産を、父母は1/3の財産を相続します。例えば、死亡したAさんの相続人が妻Bさんと父Dさんの場合、Bさんは2/3の財産を、Dさんは1/3の財産を相続します。なお、父母がともに存命の場合、配偶者は2/3の財産を、父母はそれぞれ1/6ずつ財産を相続します。

・相続人が配偶者と兄弟姉妹

相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合、配偶者が3/4の財産を、兄弟姉妹が1/4の財産を相続します。例えば、死亡したAさんの相続人が妻Bさんと兄Eさんの場合、Bさんは3/4の財産を、Eさんは1/4の財産を相続します。

なお、兄弟姉妹が2人いる場合、配偶者は3/4の財産を、兄弟姉妹はそれぞれ1/8ずつ財産を相続します。

・相続人が子ども(・父母・兄弟姉妹)のみ

相続人が子ども(・父母・兄弟姉妹)のみの場合、相続人は全ての財産を相続します。例えば、死亡したAさんの相続人が子どもCさんのみの場合、CさんはAさんの財産を全て相続します。なお、子どもが2人いる場合、子どもはそれぞれ1/2ずつ財産を相続します。

4 相続財産にはどのようなものがある?

初めに述べたように相続とは、死亡した人の財産や法律上の権利・義務を近親者が承継することです。そして、死亡した人の財産や法律上の地位は、基本的に全て相続人に相続されます。

例えば、死亡した人の持っていた現金、預金、不動産、株式、債券(損害賠償請求権など)は全て相続されます。また、プラスの財産だけでなく、死亡した人の借金といったマイナスの財産も相続されます。

更に、死亡した人の法律上の権利・義務も相続人に相続されます。そのため、相続人は死亡した人の権利を行使することができ、また義務を果たす必要があります。例えば、死亡したAさんが不動産を借りていた場合、Aさんの相続人Bさんは、賃料を支払う義務を負います。

以上のように、死亡した人の財産や法律上の権利・義務は基本的に全て相続人に相続されます。なお、①身元保証債務、②祭祀に関する権利、③死亡保険金は相続の対象とはなりません。

5 まとめ

相続とは、死亡した人の財産や法律上の権利・義務を近親者が承継することです。原則として、死亡した人の財産や法律上の地位は、全て相続人に相続されます。そして、誰が相続人となり、財産をどれだけ相続するかは法律で決まっています。